医師の転職エージェント・転職サイトおすすめ比較サイト

即辞めるべき?医局の「いじめ」「嫌がらせ」事例と具体的な解決策・アドバイス

2021/09/09

医局のいじめ

何かと悩みのタネになりがちな医局制度。人間関係やトラブル、いじめ、嫌がらせに悩む方も多いのではないでしょうか?

本記事では、編集部が実際の医師の方に取材した医局で働く医師が経験した「いじめ」「嫌がらせ」の実例を紹介します。

また悩んでいる医師の方向けに、解決策・アドバイスも紹介していきます!

参考:入局してはいけない医局とは?現役医師・医師経験者に聞いてみた

登録しておきたい!厳選の医師転職エージェント・求人サイト3選

リクルートドクターズキャリア
圧倒的な実績の医師向け転職エージェント・求人サイト

医師転職ドットコム
取り扱い医師向け求人数は業界トップクラス

MCドクターズネット
全国25ヶ所に及ぶ拠点を通したサポート

RSG Doctor Agent
年収1.2倍~3倍UPへ/年収2000万円以上も可能

目次
  1. 医局で実際にあった「いじめ」「嫌がらせ」
  2. 医局を辞めたい方の解決策・アドバイス
  3. 医局を辞めさせてくれないと悩む医師への提案・アドバイス

医局で実際にあった「いじめ」「嫌がらせ」

医局でのいじめ・嫌がらせ事例①:自分の専門外の論文をまとめさせられる / 上の先生に意見を伺っても相手にしてもらえない

口腔外科の先生よりヒアリング

「私が実際に経験したことは、派閥が異なる先生方から急な会議のセッティングや学会などに使われる論文のデータをまとめるように言われることがあった。特に厳しいのは、自分の専門外の論文をまとめるように言われた際、内容の理解から新薬との関わりなどの背景が全く分からず、上の先生に意見を伺っても全然相手にしてもらえなかった。」

医局でのいじめ・嫌がらせ事例②:研究肌で活躍してきた臨床ができない教授が、臨床ができる中堅スタッフを学位やサポートを餌に引き抜くが、約束が果たされない

麻酔科の先生よりヒアリング

「私立の医学部の大学病院でよく見かけるトラブルです。過去研究肌で活躍してきて臨床をできない教授が、臨床はできるが研究ができない中堅のスタッフを引き抜く時によくやる手口です。自分が学位をとらせてあげたり、研究の面倒を見るから転職してきて欲しいと下の学年の医師に伝える。しかし、何年経ってもその約束は果たされず、怒って下の学年の医師が出ていく。」

医局でのいじめ・嫌がらせ事例③:機嫌が悪いからという理由だけで無駄に怒られた

呼吸器外科の先生よりヒアリング

「実際に自分は経験していないが、周りと同じことをやっているのに、その人だけ怒られていたり、場合によっては罵られていたりする状況を見たことはあります。また、これは自分も経験しましたが、機嫌が悪いからという理由だけで無駄に怒られ、怒った本人は忘れているが、怒られた当事者と周りの人の雰囲気は悪くなっていると感じました。」

医局を辞めたい方の解決策・アドバイス

医局を辞めたい方の解決策・アドバイス①:3ヶ月〜6ヶ月前には退職の申告を行う

麻酔科の先生よりヒアリング

「3ヶ月〜6か月前に退職の申告を行いましょう。まずは意思表示をスマートにするべきです。

自分の研究や論文の進め方、持ち患者の配当先など気にするだろうが、医局に在籍する医師は人数が多い為、結局6か月の間にしっかりとなんだかんだなってしまうものです。

それより、ずるずるといってしまい同じところから抜けられないのが一番良くないです。」

医局を辞めたい方の解決策・アドバイス②:医師としてなりたい姿を描いて努力する

口腔外科の先生よりヒアリング

「医師として、自分の未来の姿を想定してそうなるために、今何をすべきかという逆算の発想と努力ができれば自ずと力がつき、自信もでき他施設からも評価され医局も辞めれると思います。

医局にとって一人の存在というのは大きいようで、実際退職してもそんなに痛手ではありません。自分の身は自分で守らないといけません。必要な資格だけとって早めに出ましょう。」

医局を辞めたい方の解決策・アドバイス③:いきなり教授などではなく、まずは自分の信頼する先輩医師に相談する

呼吸器外科の先生よりヒアリング

「辞めたい理由が様々だと思いますので、何とも言えませんが、割と若手で、興味が他分野に言ったならば、きちんとその理由を話して、話し合うことは大事だと思います。いきなり教授などではなく、まずは自分の信頼する先輩医師に相談してみましょう。

先輩医師は同じ職場でもいいですし、他の職場、自分が新たに興味をもった分野の先輩医師などに辞めたい理由を論理的にきちんと話さないと、教授に話したところで論破されて終わりですので。

自分が何をどうしたいのか、きちんと考えて行動しないと後悔することになるので、しっかり考えて辞めたい理由を結論付けることが大事かと思います。」

医局を辞めさせてくれないと悩む医師への提案・アドバイス

医局を辞めさせてくれないと悩む医師への提案・アドバイス①:医局での人間関係を大事にしながら、スマホ等で録音をしておきパワハラや違法な引き止めに備えておくべき

口腔外科の先生よりヒアリング

「人間関係の整理を行っておく方がいい。

特に、自分の同期がいるのであればまずはしっかり信頼関係を構築し、自分の持ち患者を再配当する事をしっかり告げて、立つ鳥後を濁さず。を心がける方が、その後の人間関係も残す事が可能だと思う。

それでも辞めさせてくれない場合は、スマホの録音機能などを使い、パワハラなどに対して自分を守るべきだ。」

医局を辞めさせてくれないと悩む医師への提案・アドバイス②:医局を辞めて本当に活躍できるのかをしっかり検討する

麻酔科の先生よりヒアリング

「医局をやめさせてくれないと悩むのは正直なところ、自分の努力不足と思って欲しいです。

実力があって行き先があれば声はかかるでしょうし、不満ばかり言って自分から動けない人は移動する気持ちがないと現職でもそこまで貢献できていない可能性があります。就職先を変えたところで自分の能力が本当に生かせるのか?本当にそれだけなのか?今一度考える必要があると思います。」

医局を辞めさせてくれないと悩む医師への提案・アドバイス③:働ける病院はいくらでもあるので、思い切って辞めたほうが良い

呼吸器外科の先生よりヒアリング

「理由にもよりますが、飼い殺しのようにその医局に所属しているようであるならば、絶対に何がなんでもやめた方がいいと思います。働ける病院はいくらでもあると思いますので。

ただし、やめた場合、いい別れをしないとその後がめんどくさくなるかもしれません。医師の世界は割と狭いので。やめさせてくれない理由の中に自分の技量にその医局が頼っていて、辞めさせてくれないのであれば、引く手あまたのはずなので、すぐにやめて、新しい活路を見出すべきだと思います。」

【関連記事】

PR
編集部イチオシの医師転職サービス
リクルートドクターズキャリア
リクルートドクターズキャリア
医師の求人募集、転職情報をお探しなら、医師専門で転職支援歴40年以上、紹介実績多数のリクルートドクターズキャリアへ!

内科・外科などの医師求人を掲載。専任アドバイザーによる厳選求人のご紹介も含め、転職を徹底的にサポート!
医師転職ドットコム
医師転職ドットコム
医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営する、医師専門の転職支援サイト!業界最大級の求人数39,480件の他、非公開求人も多数あります!
MCドクターズネット
MCドクターズネットの評判・口コミを調査!メリットやデメリット・注意点を解説【医師転職エージェント】
「MC-ドクターズネット」は株式会社メディカル・コンシェルジュの医師求人サイト!全国25拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応!