医師の転職エージェント・転職サイトおすすめ比較サイト

【医師転職の体験談】30代の消化器内科医Kさんは転職エージェント「m3キャリアエージェント」と「株式会社メディウェル」を利用

2021/08/14

今回は、現在医師として勤務している30代の消化器内科医Kさんに転職の体験談をお聞きしました。

登録しておきたい!厳選の医師転職エージェント・求人サイト3選

リクルートドクターズキャリア
圧倒的な実績の医師向け転職エージェント・求人サイト

医師転職ドットコム
取り扱い医師向け求人数は業界トップクラス

MCドクターズネット
全国25ヶ所に及ぶ拠点を通したサポート

RSG Doctor Agent
年収1.2倍~3倍UPへ/年収2000万円以上も可能

経歴について

地方の某国立大学医学部医学科を卒業後、地元の病院にて初期研修を行いました。

その後、大学医局に入局し、関連病院にて8年間、臨床に従事して日本内科学会認定医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医を取得しました。

転職を考えたきっかけは、心身の疲労から健康への不安を感じたこと

各学会の専門医も取得し、今後のステップアップも検討しておりましたが、常勤先での医師の減少もあり、当直回数やオンコール回数の増加が顕著となりました。年齢を重ねるにつれ、当直やオンコールの翌日は心身の疲労が重なるようになり、また、医局より他の関連病院への異動の話もなかったため、今後の自分の健康に関して、徐々に不安を覚えるようになりました。

また、プライベートでは結婚をしましたが、家族と取れる時間も限られていました。妻は専業主婦で外に出る機会も少なく、なるべく家庭の時間を大事にしたかったのですが、帰宅しても病院からの呼び出しが多く、また当直にて家に帰らない日もあり、家族で過ごす時間が不十分でした。

今後の健康面および家族との時間を考慮し、非常勤の掛け持ちという形で、転職を考えるようになりました。まず勤務先の上司に相談し、その後、大学医局に自ら意向を伝える形となりました。特にトラブルになるわけでもなく、今後の働き方に関しては自由に決めてよいとの返事を頂きました。

退職の半年ほど前に上司に相談し、半年後の常勤の退職が決まった

退職の半年ほど前に上司に相談し、半年後の常勤の退職が決まりました。退職決定後、非常勤求人を探す準備をしました。すぐに次の勤務先が決まるとも限らないですし、また来年度の病院人事も考慮すると、半年前を目安に退職の準備をされた方が良いかと思います。

転職で大事な点は、なるべく円満に退職することです。医療業界は狭い世界であり、悪い噂が立つと、転職の際、非常にマイナスになります。退職する理由などを予め自分で整理し、誠意をもって退職の意思を伝えていくことが重要かと思います。

利用した転職エージェントは、m3キャリアエージェントと株式会社メディウェル

転職に関して個人的なコネがあるわけでもなかったので、転職エージェントを利用しました。利用したサイトは、m3キャリアエージェントと株式会社メディウェルです。このうち、株式会社メディウェルを介して現在の非常勤先が決まりました。

メディウェルでは応募から面談までスムーズに進み、応募から勤務合意までの期間は約2カ月程度でした。コンサルタントの方と相性が良かったのもあるかもしれませんが、メールの返事も迅速であり、またこちらの勤務条件の希望も詳細に把握してくれました。

また、面談後に非常勤先との勤務条件の調整も行ってくれました。最終的には、当初に希望した勤務条件にて、無事に非常勤での勤務が決まりました。募集している求人内容と、面談の際に提示される求人内容が異なる場合もあります。自分で調整を行うのも精神面で負担となる場合があるので、可能であれば転職エージェントを利用された方が良いかと思います。

転職してよかったことは、健康的になり家族との時間も取れるようになったこと

現在、非常勤勤務で週に4回、主に内視鏡検査の業務に従事しております。

転職してよかった点は、やはり勤務時間が短縮され、当直や呼び出しがなくなったことです。オンとオフの切り替えが効くようになり、家族との時間も確保できるようになりました。睡眠時間も確保され、健康的にもなったと思います。また、今までは座学を行う時間もなかったのですが、その時間も確保できるようになり、日常業務に対して日々フィードバックができるようになりました。

常勤の時と比べると年収は少し下がりましたが、今までの勤務時間を考慮すると、コストパフォーマンスはかなり向上したと思います。

転職成功の3つのポイント

転職成功のポイントとしては、以下の3点かと思います。

  1. 複数の転職エージェントを利用する
  2. 常日頃から基本的な礼儀やマナーを大事にし、コミュニケーション能力を養っておく。
  3. 面談前にシミュレーションを行い、志望動機や想定される質問を予想しておく。

1. 複数の転職エージェントを利用する

転職コンサルタントにも様々な方がおりますので、自分の希望した条件、待遇が必ずしもうまく伝わらない場合があります。そのため、複数の転職エージェントに登録し、自分の希望した条件、待遇にマッチする求人を提供してくれるコンサルタントを探すと効率的です。また、転職エージェントによって、常勤の求人に対してコンサルトが得意な所もあれば、非常勤やスポット求人に対してコンサルトが得意な所もあります。ですので、複数のエージェントを利用された方が良いかと思います。

2. 常日頃から基本的な礼儀やマナーを大事にし、コミュニケーション能力を養っておく

面接の際、これまでの臨床経験以上にコミュニケーション能力が求められると感じました。臨床経験や技術も大事ですが、患者さんや職員と良好な人間関係を築けるかという点も面接にて判断されます。ですので、常日頃から、コミュニケーション能力を磨いておくことか重要かと思います。

3. 面談前にシミュレーションを行い、志望動機や想定される質問を予想しておく

一般企業の転職でも当てはまることかと思いますが、面談前にきちんとシミュレーションを行い、自分の考えや質問に対する答えを用意しておくことは大事です。医師の市場が常に売り手市場とは限らず、自分の医師としての価値をしっかり面接時に伝えることが重要かと思います。明らかに想定される質問に答えられないなどがあると、転職に対する熱意に疑問を持たれてしまうかもしれません。

いかがでしたでしょうか。以上が私の転職体験談になります。少しでも皆様のお役に立てたようでしたら、幸いです。

【参考リンク】

本サイト掲載の記事の一部では下記リンクを参考として情報発信しています。

 

【関連記事】

PR
編集部イチオシの医師転職サービス
リクルートドクターズキャリア
リクルートドクターズキャリア
医師の求人募集、転職情報をお探しなら、医師専門で転職支援歴40年以上、紹介実績多数のリクルートドクターズキャリアへ!

内科・外科などの医師求人を掲載。専任アドバイザーによる厳選求人のご紹介も含め、転職を徹底的にサポート!
医師転職ドットコム
医師転職ドットコム
医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営する、医師専門の転職支援サイト!業界最大級の求人数39,480件の他、非公開求人も多数あります!
MCドクターズネット
MCドクターズネットの評判・口コミを調査!メリットやデメリット・注意点を解説【医師転職エージェント】
「MC-ドクターズネット」は株式会社メディカル・コンシェルジュの医師求人サイト!全国25拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応!